読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の雑記、日記

プレイ時間70万時間のゲーム

雑記、日記

こんにちは。

しょげまるです。

 

皆さんはゲームしますか?

私は良くしますね。

 

やり込み要素なんかあると

どんどんやっちゃうタイプですね。

 

今日ふと思いました。(別にゲームをしている時ではないが)

 

人生って長編ゲームなんじゃないかな、と。(痛い^^;

そんな訳で今日はこの長編ゲームについて考えていきます。

 

  

人生は一回ポッキリの長編ゲームである

私は結構いろんなジャンルのゲームをします。

最近やっているゲームといえば

ホライゾン、ニーアオートマタですね。

ゲームしたことある人なら

一度はやった事ある人いるんじゃないでしょうか。

「ゲームオーバーして持ち物全ロストしたわ…」

「しょうがない。一個前のデータロードするか」

 

私も良くやります。

他、ボス戦の手前でセーブするなんて当たり前ですね。

 

でももしも

セーブが一回も出来なくて

一回ゲームオーバーになったら即終了

というゲームがあったとしたら

私は絶対に買いません。

そんな鬼畜ゲームをやるほどの精神力、忍耐力がありません笑

 

でも誰でもこのゲームを買っているのです。

中古ではなく新品で。

 

 

日本の男女平均寿命が約85歳。

つまり生まれてから死ぬまでの時間は

およそ75万時間。

 

生まれた瞬間から

超長編ゲームのスタートボタンは押されているのです。

 

楽しみ方は人それぞれ

最近人気のゲームの「ゼルダの伝説 ブレス オブザ ワイルド」というゲームがあります。(私もやりたい…)

このゲームは非常に自由度の高いゲームです。

メインストーリーをガンガン進めても良いし

寄り道しながら攻略する事だって出来ます。

 

絶対にこれ!という攻略ルートがありません。

楽しみ方は人それぞれという事です。

 

同じように”人生”の楽しみ方は人それぞれです。

ある程度決まった道はありますが(義務教育など)

その道の進み方も別に一本ではありません。

いくつもの道に分かれています。

部活に入って友達を作るのも良し。

部活が面倒なら入らないで家でゲームするのも良し。

 

でも人生の中には様々なNPC(ノンプレイヤーキャラ)がいます。

そのNPCが助言をくれます。

いろんなNPCに出会って私たちは成長し

ある程度正しい道に進むことができているのです。

 

もちろんその助言の応答の仕方では

トーリーが分岐することだってあります。

 

正しい応答はなんなのか。

見識のある人であれば正しい道に進めます。

無い人は前途を誤ってしいます。

 

これもゲームと同じですね。

 

ボス戦

人によってボスは違うと思います。

高校生時代の私であれば

ボスは定期テストでしたね笑

 

ボス戦をする前はレベルアップをする必要があります。

また装備を整える必要もあります。

ボス戦にレベル1でしかも素っ裸のまま挑む人はいないでしょう。

 

いろんな雑魚敵を倒して経験値やお金を得て、

時には強い敵と戦ってスキルを習得し

装備をととの得てからボスに挑む。

 

人生の中のボスとは

目標だと私は思います。

目標を達成するには

壁を乗り越える必要があります。

その壁こそがボスなのです。

 

 

このゲームは歴史上1つしかない

人生とは

攻略するところもありますが

自分で創り上げていく方が多いと思います。

 

つまり私たちはゲームの主人公でもあり

ゲームの製作者でもある訳です。

 

どのようにすればゲームを攻略できるのか

また、どのようにすれば理想のゲームが創れるのか。

 

どんなゲームを作るかは人それぞれです。

また、攻略法も人それぞれ。

 

自分で設計したストーリーを

自分で攻略する。

 

普通のゲームであれば簡単そうですが

このゲームではそうはいきませんね。

 

攻略しやすいゲームを作るのか

またはやりごたえのあるゲームを作るのか。

 

あなただったらどんなゲームを創りますか?

 

最後に

約70万時間を長いと感じるか

短いと感じるかは

ゲームの製作の仕方によると思います。

 

私はこのゲームをまだ20%しかプレイしていませんが

今後どうなっていくのかが楽しみで仕方ありません。

思うように行く事もあれば

そうで無い事もある。

もしかしたらゲーム製作が中止なんて事もあるかもしれません。

中止にはなりたくありませんが

山あり谷ありなところはこのゲームの良いところかなと思います。

 

皆さんも自分だけのゲーム製作、また攻略を楽しんでください。

私も楽しみたいと思います。

 

習慣化する方法

雑記、日記

こんにちは。

しょげまるです。

 

先日めまいで救急車に運ばれました。

自分でも驚きでしたね…

体調がある程度回復したので

記事を書いていこうと思います。

 

本日は習慣化する事について書いていこうと思います。

 

 

習慣化したものに勝るものはない

私は習慣化したものほど

強いものは無いと思っています。

私たちは毎日当たり前のように歯を磨いています。

磨く理由は虫歯にならないようにするため。

でも毎日歯を磨く時に

虫歯にならないように歯を磨かないと!

と考えて磨いている人は少ないと思います。

歯を磨くのは当たり前であるから磨いているのです。

歯を磨くのと同じように

読書したり、勉強したり、運動したりと

自身を鍛える事が出来たら

なんて生産性の高い生活が送れますね。

では、生産性の高い生活を送るにはどうすれば良いのでしょう。

 

少しずつではなく一気に変える

「毎日勉強が出来ない。」

「だったら一日1時間から始めましょう。」

 

確かに少しずつ時間を増やすのは大切な事だと思います。

1時間になれたら2時間。

2時間になれたら3時間。

 

でもこれって時間の無駄ではありませんか?

僕は1つのことを習慣化するには2週間から3週間ほどかかります。

仮に上記の方法で勉強を始めたとします。

最終的に一日5時間は勉強したい、と考えていたら

まず1時間になれるのに2週間。

その後2時間になれるのに2週間。

最終的に5時間に慣れるまでに10週間、約2ヶ月程かかります。

時間がかかりすぎだとは思いませんか?

 

だったらはじめから5時間勉強すればいいんです。

最初から5時間勉強すれば

上の方法よりも8週間早く習慣化することが出来ます。

これはコスパが非常に高いですね。

 

でも問題なのが

「最初っから5時間も勉強なんて出来ないよ」

「長い。無理。だるい。」

となってしまう所ですね。

ですが最初の2週間を乗り切ってしまえば

その後なんとも感じなくなります。

 

最初は我慢が必要です。

 

習慣化の❌な所

ここで習慣化することの欠点、弱点を考えていこうと思います。

習慣化する。

これだけ聞いたら良い言葉に聞こえますね。

でも実は恐ろしい言葉でもあります。

何も習慣化は、良いことの習慣だけではありません。

怠ける習慣をつける事も習慣化の一つです。

 

毎日歯を磨くように

ベットでゴロゴロしながらスマホをいじる

これを習慣化してしまったらどうでしょう?

言うまでもありませんね。

 

でも何も休むことが駄目と言っているわけではありません。

休憩をとる事も大切だと思います。

休むのも仕事のうち

なんて言いますからね。

 

なので優先順位を考えるのが大切になります。

 

自分はこんな人間になりたい!

スポーツで結果を出したい!

 

と目標や夢を持つ人、多いと思います。

持つ事自体は非常に大切です。

しかし、そんな目標があるのにもかかわらず

「勉強しなきゃだけど、だるいからいいや」

「朝練しなきゃだけど、テレビ観たいからいいや」

なんて事になったら

それは目標、夢ではなく、

ただの願望です

結果を出している人は

誘惑に負けずに

日々コツコツと努力を出している人です。

そんな面倒臭いからと言う理由で

やらない人間が結果を出せる訳がありません。

 

ただ、”休憩”を理由に”怠ける”のは違います。

その分別はしっかりと持たなくてはなりません。

 

でないと前途を誤ります。

 

実は

この記事、見てくださっている人の為だけに

書いている訳ではありません。

私自身に書いている記事でもあります。

大学入学がもう少しとなりました。

ただ、大学に入っていからも高校生活と同じようにしていては

学費の無駄であり、ただ親に迷惑をかけるだけになってしまいます。

大学に入ったら学業により力を入れたいと考えています。

 

もし達成できなかったら

ただの法螺吹きです。

 

私が法螺吹きとならない為に、

これが恥辱とならない為にも

継続的な努力をしていきます。

 

まとめ 

少し話が逸れました。

まとめますと

習慣化するんだったら

生活を一気に変えることが大切だ

と言うことです。

ちまちまやっていては時間が勿体無いです。

効率的に習慣化するんだったらこれが一番です。

 

参考になれば嬉しいです。

 

初めての救急車

雑記、日記

私は目眩持ちです。

 

今日、午前中バイトしていたら

目眩に襲われました。

 

暫くしたら落ち着くかな?って思って

放っておいたらどんどん悪化。

パートの人に休憩室で休憩してもいいですか?

と言って少し横になっていましたが、全く回復せず。

(むしろ悪化してた )

 

アクエリアスを飲んだりしたら落ち着くかな、と思いきや

飲んだ物全て戻してしまいました。

そこから吐き気、全身の震え、 手足の痺れが出てきました。

少しパニックしてたのか、過呼吸になってましたね。

 

暫くしたら救急車がきて、近くの病院に搬送。

CTと点滴をして、特に問題が無かったので2時間ほどで帰れました。

 

今は家で安静にしてます。

 

午後に友達と会う約束をしていたのですが、

諦めることになってしまいました。

凄く会いたかった...

 

 

また、今回いろんな人に心配されてわかりました。

自分は感じてなくても、支えられてるんだなぁって感じました。

 

感謝してます。

ありがとう。

おすすめシャーペン 第二弾

商品紹介

こんにちは。

しょげまるです。

 

午前中にソシャゲについての記事を書いたのですが

なんか言いたいことが上手く書けてなかったので

削除しました。

 

ってことで今回はおすすめシャーペン第二弾です。

第一弾ですが、私の記事の中で2番目に良くみられる記事です。

それなりに見てくれた方がいたので

今回第二弾を作ろうと思いました。

 

こちらは第一弾です。 

shogemaru.hatenablog.com

 

では早速行きましょう。

 

 

グラフギア1000

f:id:f-w-shogemaru:20170325164244j:plain

ぺんてるさんの商品です。

ぺんてるさんはスマッシュといい、グラフ1000といい

素晴らしいシャーペンばっかを作っていますね。

 

こちらのシャーペンは製図用シャーペンです。

先が細く、手元がよく見えるようになっています。

こちらのシャーペンはペン先を収納することが可能です。

クリップを押すとペン先が引っ込みます。

 

製図用シャーペンは落としたりした時にペン先が折れる、

なんて事がよくあります。

その弱点をカバーしたのはかなり大きいのではないでしょうか。

 

ただ、ペンの重心が若干上の方にあるので

初めは少し書きにくいと感じるかもしれませんが

割とすぐ慣れます。

金属感が非常に強く、重量もあるので

男子に特におすすめです。

 

オレンズ

f:id:f-w-shogemaru:20170325164923j:plain

こちらもぺんてるさんからです。

オレンズ。

発売してから間もないですが

非常に人気のシャーペンですね。

上の画像のもの(少し見にくいですが)は一番ランクが下のもので

ペン先以外は基本プラスチックでできています。

 

このシャーペンの特徴ですが

芯を出さないで書く、というところです。

(厳密にいうと少し出ていますが)

これによって芯が折れにくくなっています。

 

芯の太さは0.2と0.3の2種類。

 

芯が細いので細かい字を書くことが可能となっています。

ノートを綺麗にまとめたい方や

0.5で少しずつ太くなるのが嫌い、でもクルトガは嫌だ

という人におすすめです。

 

ラバーグリップバージョン

メタルグリップバージョン

があります。

また、最近はオレンズ ネロというのが発売されましたね。

芯をノックする必要がないのは魅力的です。

ただ、価格が3000円と高いのと

月に3000本しか生産していないとのことなので

入手するのが難しいです。

そのうち購入してレビューしたいと思います。

現在Amazonで販売されている「オレンズネロ」は転売されているものなので

注意してください。

   

デルガード ハイグレードタイプ 

f:id:f-w-shogemaru:20170325171752j:plain

デルガードの上位モデルです。

デルガードとはオレンズと同じく、芯が折れないタイプのシャーペンです。

下位モデルには0.3と0.7がありますが

0.3はよく折れますし、0.7に関してはそもそも折れにくい太さなので

オレンズとして売る必要はなかったのでは?なんて思います。

 

ハイグレードタイプは0.5だけだったと思います。

 

本体は金属で作られていて

かっこいい仕上がりになっています。

 

重心は中心より下で丁度いい感じです。

 

文字を書く際に強く書いてしまう人、

金属感が好きな方におすすめです。

 

ただ、グリップも全て金属なので

冬場は本体が冷たくなってしまいます。

そこが欠点ですね。

 

大人の鉛筆

f:id:f-w-shogemaru:20170325172619j:plain

こちらのシャーペンですが

本体が鉛筆のようになっています。

小学校の頃を思い立たせてくれるシャーペンです。

 

芯径は2mmと太めです。

付属の芯削りで芯を削ります。

この削る時のしゃりしゃりが好きですね…

 

本体は木でできていて

触り心地がものすごく良いです。

 

文字を書く機会が少なくなっている人は

普通のシャーペンではなく、この「大人の鉛筆」を使って欲しいです。

書くのが楽しくなるシャーペンです。

 

また、マークシートを塗りつぶす時になんかも使えます。

本体は何も文字が書いていないので

試験などでも使えますね。

 

ラーフライト

f:id:f-w-shogemaru:20170325173618j:plain

もし500円以下のシャーペンしか持ってはいけないと言われたら

私は迷わずこちらを選びます。

ラーフライトです。定価300円です。安い…

 

流石に1000円を超えるものには性能は劣ります。

でも安いシャーペンにしかない"味"があります。

 

最近はこのシャーペンを使いますね。

 

本体が六角形なので

鉛筆のように持つことができます。

 

また繰り出すタイプの消しゴムがついているので

字を間違えても消しゴムを出すことなく消すことができます。

 

もし高いシャーペンは…という人は手にとってみてはいかがでしょうか。

芯径は0.3と0.5があります。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

自分に合いそうなシャーペンはありましたか?

第一弾を見てない方は是非見てください。

 

またシャーペンしか紹介していませんが

今度はボールペンや万年筆を紹介しようと思います。

 

最後までありがとうございました。

 

勉強のお供

雑記、日記

昨日は憂鬱な気分でしたが

あれから少し回復しました。

 

今日は勉強や作業をするときのお供を

紹介します。

紹介するものは飲料やお菓子です。

 

ウィルキンソン炭酸水

f:id:f-w-shogemaru:20170324143543p:plain

最近一番のむ飲み物ですね。

ただの炭酸水なのでカロリー0なので気にせずガブガブ飲めます。

単価も炭酸飲料と比べると安いです。

ただ、味が苦手な人が多いですね。

慣れると全然気にせず飲めます。

 

グミ

 

f:id:f-w-shogemaru:20170324144318j:plain

美味しいですよね。

一番食べるグミはピュレグミですね。

酸っぱくて甘くて美味しいです。

ただグミのダメなところは

美味し過ぎてついつい食べ過ぎてしまう所ですね。

食べ過ぎて夕飯が食べられない…

なんてことは多々あります。

最近は少し控えています;

 

缶コーヒー

f:id:f-w-shogemaru:20170324144547p:plain

缶コーヒーです。

定番ですね。

カフェインが入っているので眠くなった時なんかによく飲みます。

砂糖とミルクが入っている缶コーヒーで

一番美味しかったのが

写真のデミタスコーヒーです。

自販機やスーパーでたまに売ってます。

飲みやすいのでオススメです。

見かけたら是非買ってみてください。

 

インスタントコーヒー

f:id:f-w-shogemaru:20170324145148j:plain

缶コーヒーもいいですが

家にいるときはインスタントコーヒーの方が良く飲みますね。

画像の「ちょっと贅沢な珈琲店」シリーズは美味しいです。

変なもの入っていないですし。

今まではドリップコーヒーしか飲んでいませんでしたが

濃さを調整できるインスタントコーヒーはいいですね。

 

チョコレート

f:id:f-w-shogemaru:20170324145658j:plain

僕がオススメするのはカカオが多めの物です。

その理由としては、

カカオ多めの方が甘くなくて美味しく無いからです。(・Д・)ハァ?

僕は断然甘いチョコレートの方が好きです。

ですがあまり美味しすぎると

グミ同様、バクバク食べてしまい

作業のお供として食べていたチョコが

いつのまにか作業をそっちのけでチョコを食べることに集中してしまうことが

あるからです。

なので少しビターなチョコの方がお供にはいいかなと思います。

画像のザ・チョコレートを最近初めて食べましたが

美味しいですね。

はまっちゃいそうです。

 

番外編

ここからは番外編です。

食べ物系以外のものを載っけました。

ただ勉強のお供というよりは

作業のお供ですね。

 勉強にはあまりオススメしません。

 

YouTube

f:id:f-w-shogemaru:20170324150630j:plain

作業をしているときは良く流しますね。

短い動画よりは長めの動画をよく流します。

ゲーム実況だったり、ライブ配信、ラジオなんかを流します。

動画に集中することがあると思うので

そこは注意が必要ですね。

ラジオは画面を見る必要がほとんどないのでオススメです。

 

アニメ(ただ紹介したいだけ)

f:id:f-w-shogemaru:20170324151323j:plain

作業中というよりは気晴らしですね。

私は最近「この美術部には問題がある!」を観ました。

日常系のアニメが好きですね。

戦闘物は見てて少し疲れるので笑

現実から少し離れられる感じがいいです。

「この美」は漫画も買いましたが凄く面白いです。

 このアニメに限りませんが

アニメからは毎度元気を貰ってます。

 

終わり

今回はこれで終わりにします。

また紹介したいものが出てきたらパート2を書こうと思います。

参考になれば幸いです。

 

最後までありがとうございました!

 

 

めんどくさい

雑記、日記

最近

何をするにも面倒になってきました。

月に1、2回あるんですよね。

何もかも面倒になることが。

 

 

原因はだいたいわかっていますが。

 

学校が終わった今

正直毎日が何も無さ過ぎて

楽しくありません。

 

「うわ、課題出たわ、だる」とか

「明日早く起きないと行けないじゃん、だる」

みたいな感情?と言いますか

最近そういうのが無さ過ぎて

楽しく無いです。

 

こういった感情を持っている間は

生活が充実してるんじゃ無いかなーって今思います。

 

実際高校生の頃がそうでした。

 

部活午前練だから明日早く起きないと

とか

先生に怒られた、萎えた

とか

学校から家まで遠いな

とかとか。

 

私は多分

忙しい方が

人生(大げさかもしれませんが)を楽しめる方なんじゃ無いかなって

最近思います。

 

誰かに課題を出されて

それをこなそうと努力をする

それが無意識的に好きになってんじゃ無いかなと思います。

 

確かに

いつまでも誰かに課題を出されるのを待っていてはいけませんが

そもそも

毎日が何も無さすぎると

自分から

課題を見つけるのも難しいです。

 

早く大学に通いたいです。

大学に行って忙しくなりたいです。

大学に行って自分には何が必要なのかを見つけたいです。

 

暇な日々ほど

退屈なものは無いです。

 

息抜きで一日休憩するのと

暇なのは違います。

 

早く充実した生活を送りたいです。

 

とりあえず今は我慢します。

練習日誌 3月23日(木)

練習日誌

20min(5'00/km)+5min(10'00/km)

 

total:4.5km

 

ストレッチ

 

 

生まれて初めて

走るのが面倒って感じました。

 

なんなんでしょうね。

 

なんか

憧れて長距離を始めましたが

何を目的に走っているのかが分からなくなりました。

 

でも走るのをやめないようにします。

 

走り続けていたら

もしかしたら

何か見えてくるかもしれないので。