読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の雑記、日記

最強のシャープペンシル

 こんにちは!しょげまるです!

本日はシャープペンシルについてお話ししようと思います。

 私は高校に入ってからシャープペンシルにハマりました。

お年玉を使ってシャープペンシルを買うほどです笑

集めたシャープペンシルは定価100円〜3000円ほどのものです。

高校時代だけでも50本ほど購入しました。

シャーペンってなんかカッコイイですよね?共感してくれる人は少なくないはず…

 

そんなわけでシャーペンオタクが勧める、オススメシャープペンシルTOP5を紹介しようと思います‼︎

 

早速紹介に入ろうと思います!

 

第5位‼︎

 

TECT2WAYです!!

f:id:f-w-shogemaru:20170208135025j:plain

画像はAmazonページから引用

 

このシャーペンはまず見た目がカッコイイです。

金属感がすごく強く、実際普通のシャープペンシルより重量感があります。

一様低重心設計にはなっていますが実際に持ってみると、少し重心が高い感じがします。ですが気になるほどではありません。

またフリシャ機能を搭載しているので振って芯を出すことができます。

この機能はロックをかけることが出来るのでフリシャ機能を使いたくないときはオフにすればOKです。

このシャーペンの短所といいますか、弱点はシャーペンの先が折れることがたまにあることですかね。

それはこのシャーペンに限らず製図用シャーペンの弱点ですね。

まあでも落としたりしなければ全然問題無いです。

 

続いて第4位‼︎

 

Dr.Grip ピュアホワイト&フルブラックです‼︎

 

f:id:f-w-shogemaru:20170208135242j:plainf:id:f-w-shogemaru:20170208135246j:plain

画像はAmazonから引用

 

これは知っている人も多いのではないのでしょうか。

普通のDr.Gripもありますがこちらは上位モデルとなっています。

ドクターグリップは初代誕生から2017年で発売26周年目となりました。

昔からあるんですね…なんかすごいです。

このシャーペンの一番の特徴は程よく柔らかくて持ちやすいグリップです。

普通のモデルよりもグリップが柔らかくより低重心になっています。

またこちらも振って芯を出すことができます。

TECT2WAYと違ってオフにはできませんが。

シャーペンを長時間使う人はとりあえずこのシャーペンを買っておけばいいでしょう。どこかの記事に書いてありましたが、東大生が一番よく使うシャーペンがDr.Gripだそうですね。

書き心地はピュアホワイト、フルブラック共に良いですが、個人的にはフルブラックの方が滑らかにかけた感じがしました。

欠点はよく言われますが、グリップの中に油が溜まりやすいのと、グリップに埃がつきやすいところですね。

あまり気にならない人なら問題無いとは思いますが、気になる人はとても気になります。私は気になって水洗いしてました笑

またフリシャ機能がオフに出来ないので筆箱を汚したくない人は注意が必要ですね。

一様本体の中の銀のパイプを取ればオフにはできますがそうするとシャーペンが軽くなってしまいとても書きにくくなります。

どうしてもフリシャがやだ!でもドクターグリップがいい!という人はパイプをテープか何かで固定すると大丈夫です。

私は固定して使っていました笑

 

続いて第3位‼︎

 

S20です‼︎

f:id:f-w-shogemaru:20170208141103j:plain

画像はAmazonから引用

 

こちらのシャーペンは木製のシャープペンシルです。

木製に憧れて、初めて購入した木製シャーペンがこのS20でした。

定価は2160円とシャーペンにしてはかなり高いですがそれ以上の価値があるかなと思います。

まず木製なので肌触りがとても良いです。すべすべしていてたまりません 。

重心は結構低重心で先ほど紹介したTECT2WAYよりも重心は低いかなと思います。

また、使い込めば使い込むほど木が手に馴染んでいくので成長するシャープペンシル、とでも言っておきましょうか。

大人っぽいシャーペンに憧れている人は買いです。

 

 

続いて第2位!

 

SMASHです‼︎‼︎

f:id:f-w-shogemaru:20170208142519j:plain

画像はAmazonから引用

 

1986年からあるシャーペンですが、これは最近になってかなり有名になりましたね。

2位といいましたが正直同率1位ぐらいオススメできます。

昔から人気なシャーペンだったみたいですが、YouTuberのはじめしゃちょーさんが紹介してから爆発しましたね。

LOFTとコラボした限定色の動画を出した次の日には限定色だけが店舗から消えて行きました…

ネットの影響力はすごいですね。

私がこのシャーペンを知ったきっかけは、はじめしゃちょーさんのこの動画です。


【文房具1位】スマッシュ シャープペン ぺんてる 

この動画のタイトルにもなっていますがAmazonで一番売れているシャーペンです。

1000件以上のレビューがついていて評価は2月8日の時点で☆4.5と驚異的な記録を出してます。

本体の一番の特徴は口金というパーツが無いことでしょうか。

通常シャーペンには芯が出るところがくるくる回せて外せると思うのですが、スマッシュは本体と一体化しています。

これにより書く際のブレが抑えられています。

本体自体は軽いですが低重心になっているため書きやすいです。

万人にオススメできるシャーペンです。買って損はしないと思います。

ぺんてるさんがスマッシュについて書いたページがあるのでURLを貼っておきます。

「心地よさとプロ仕様の両立」Amazon筆記具ランキング1位のペン : 表現の道具箱

 

 

そして、第1位は…

 

 

GRAPH1000 FOR PROです‼︎‼︎

 

f:id:f-w-shogemaru:20170208144055j:plain

画像はAmazonから引用

このシャーペンも実は1986年発売でスマッシュと同じ年に発売されています。

グリップの感じとスマッシュより若干低重心な感じがあり、私に合っていたのでこちらを1位にしました。

スマッシュはグリップが少し独特な形をしていて、あのグリップが好きじゃ無い人もいるみたいです。

グラフ1000はグリップが飛び出ていないので見た目的にもGOODです。(スマッシュの見た目も好きです)

1位にしましたが正直書くことがあまり無いです笑

スマッシュにはもともと0.5mm以外にも0.3mmモデルがあったみたいですが廃盤になってしまいました。

ですがグラフ1000は

0.3mm 0.4mm 0.5mm 0.7mm 0.9mm

と芯径が豊富にあります。

そこがスマッシュに勝るところですかね。

世間の評価だと完全にスマッシュに軍杯があがると思います。

スマッシュも好きですが個人的にはグラフ1000の方が好きですね。

文房具屋に置いてあったら書き比べてみて欲しいです。

 

こちらの商品もぺんてるさんのページがあるのでURLを貼っておきます。

28年売れ続けるグラフ1000 そのこだわりとは : 表現の道具箱

 

 

ここまでシャーペンについて書かせていただきましたが、どんなシャーペンを買ったらいいかわからない人はとりあえず上の5つのどれかを買っておけば問題ないと思います。

 また、勉強のモチベーションが上がらない人は手元を変えてみてはいかがでしょうか?

参考になれば嬉しいです。

 

私が今メインで使っているシャーペンはGRAPH1000とS20です。

シャーペンではありませんがuniさんのHi-uni鉛筆もいいですね。こちらも良かったらチェックしてみてください。

 

ここまでシャーペンについて語ってきましたが、

シャーペンは1本2本で十分です。

何十本も買い集める必要性は全くありません…

後々後悔します。笑

ご要望があれば500円以下のシャーペンの紹介もしようかなと思います。

 

 

最後までありがとうございました‼︎