読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の雑記、日記

Nike Oregon Project(大迫傑選手)と日本陸上長距離界についてのお話

運動

こんにちは!しょげまるです!

今日は陸上長距離について語らせていただこうと思います。

 

私は中学3年生までは短距離を専門として

中2の秋から長距離に興味を持ち、高校では中長距離を専門としていました。

興味を持った理由が箱根駅伝を舞台にした映画の

「風が強く吹いている」でした。どハマりして中学時代20回30回観ましたね笑

 

今日お話しするのは私のお話ではなく、私の好きな選手や陸上長距離のお話です。

 

早速ですが私が好きな選手は「大迫 傑」選手ですね。

f:id:f-w-shogemaru:20170213214149j:plain

http://www.jaaf.or.jp/fan/player/men209.htmlから引用

アメリカオレゴン州にあるナイキ本社のオレゴンプロジェクトの選手です。

オレゴンプロジェクトは年に一人しか選手が入ることができないチームで

アジアで初めて入ることが許されたのが大迫選手でした。

有名選手としてはリオ五輪5000m,10000mで金メダルを獲得したファラー選手。

他アメリカのゲーレンラップ選手などがいます。

 

オレゴンプロジェクトはアフリカの人以外の選手がアフリカの選手に勝つために

作られたチームです。

最近はケニアやエチオピアの選手がすごいですよね。

マラソンの歴代世界記録10位まではアフリカ勢の記録みたいです。

 

練習は日本のような20kmペース走や30kmペース走などはあまりしなく、

スピードを重視した練習をしています。

また結果をすぐに出そうとしないで長期的に考えて練習をするチームです。

ファラー選手がなぜアフリカ勢を相手にして1位が取れるのかという理由は確実に

スピードが関係しています。

ファラー選手は100mを11秒で走り、5000mのラスト1周を53秒で走ります。

私の中学時代の400mのベストより速いのでなんか悲しくなりますね笑

 

大迫選手はこのファラー選手と同じチームに所属しています。すごいですね…

早稲田大学時代に大迫選手が言っていた言葉ですが、

「駅伝には興味がない」

と大迫選手は言っていました。

別にこの言葉は駅伝を悪く言っているのではなく、トラックで戦うためには日本のやり方では勝負できない、という事を言っています。

早稲田大学の元駅伝監督の渡辺泰幸監督が、

「大迫は異端児だ」

と言っていましたが、このコメントに対して大迫選手は

「日本のやり方の方が異端」

とコメントしました。

実際大迫選手のこの言葉は説得力があると私は思います。

世界ジュニア選手権で海外勢に周回遅れにされた時代もありました。(この大会がオレゴンに入るきっかけとなった大会です)

ですが以前行われたリオ五輪では最後には置いていかれたものの、ラスト1周近くまでは先頭集団に食らいついていけるほどの力が付いています。

他の日本選手はレース中盤に集団から離れていく中、この結果はオレゴンでの練習の成果を表しているのかなと思います。(別に他の日本選手を批判しているわけではありません。)

 

他にも3000m日本記録更新、5000m日本記録更新した事も力をつけている証拠なのかなと思います。

また、日本選手権では力の差を見せつけましたね。

生放送で見ていましたが声出して応援していました笑

ラストスパートが本当に凄かったです。

 

まだオレゴンプロジェクトに入って2年ちょっとでこの成長は本当にすごいと思います。

実際、監督のアルベルトサラザール監督も4,5年して世界と戦えるようになるだろうとコメントしていました。

近い将来、それこそ東京五輪には入賞、もしくは表彰台なんかも全然あり得ると思います。

大迫選手には頑張って欲しいですね。

 

 

ここまで大迫選手をベタ惚れしてきました。

ここからは日本の長距離界のお話です。

 

陸上といったらみなさんはどの競技を思い浮かべるでしょうか?

 

おそらく誰もが100mや200mなどの短距離を想像すると思います。

 

少し前までは私もこうでしたが、今は「陸上といったら長距離!」

と考えるようになりました。

 

短い距離を速く走れるのも確かにカッコいいですが、長い距離をずっと走り続ける方が私的にはかっこいいですね。

 

ですがニュースや新聞で取り上げられるのはほとんどが短距離だけ…

悲しいですね。

日本の長距離といったら駅伝!という感じになっていますよね。

実際、私の母が「駅伝って面白いね」と言っていました。

でもオリンピックなどの大会では短距離しか見ず…

 

私ももちろん駅伝は好きです。駅伝が好きで長距離を始めたので。

でも長距離は駅伝だけじゃない!って言いたいです。

駅伝には駅伝にしかない魅力がありますが、ちゃんとトラックの大会なども見て欲しい…

 

陸上をしていない人から見れば、

なんでこんな辛いことやってんの?

だとか

走るだけやん。

とか思う人もいます。

 

私の部活の先輩(元全国ランキング1位)が言っていましたが

「陸上は全てのスポーツの原点」

と言っていました。

確かにスポーツという言葉すら生まれていなかった頃の事を考えると

運動といえば走る事だったんじゃないかなと思います。

走るという行為から派生していろんなスポーツが出来たんだと思うんです。

 

競技人口は少ないですが大迫選手などの日本陸上長距離界を背負う人には本当に頑張って欲しいです。

日本の選手が頑張って結果を出せば、

お!この選手すげぇ!かっこいい!

と思う人が増え、

「私も少し走ってみようかな?」

と思う人が増えて、競技人口が増えていくと思うんです。

私も憧れて始めたうちの一人です。

 

 

 

 

少し長くなりましたが今日はこの辺で終わりにしようかなと思います。

長距離ばっかで短距離を批判しているように見えなくもないですが、短距離ももちろん好きです。元短距離選手なので。

ただもう少し長距離にも目を向けて欲しいですね。

 

最後までありがとうございました!