読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の雑記、日記

大学卒業までに出来るようになりたいこと やりたい事

雑記、日記

こんにちは!しょげまるです!

 

私はもう少しで高校を卒業します。

高校生でいられるのはあと32日。

早いですねー。あっという間でした。

心から楽しい3年間だったと言い切ることは出来ませんけども笑

 

高校生でいる間にやりたいこと、ではなく

大学卒業までにやりたいこと、ですね。

言っちゃえば大学生中にやりたい事です。

 

まずは箇条書きでバッと書いて

その中からいくつかピックアップしてお話しようと思います。

 

  • 本を沢山読む
  • 映画を沢山観る
  • マラソンサブ3
  • TOEIC800点越え
  • 奨学生になる
  • アニオタを続ける(?)
  • カフェでバイトする
  • 3DCG作成を出来るようになる
  • ブログ記事1000個
  • 読者300人
  • Mayaのソフトを買えるだけの金を稼ぐ
  • タッチタイピングを習得する
  • デッサン練習
  • 字を綺麗に書けるようにする
  • ノイズキャンセリングヘッドホン,イヤホンを買う
  • 英検準1級をとる
  • PCゲームをする
  • スマホiPhoneXperiaに変える
  • ロシア語を習得する
  • LAMYのボールペン、シャーペンを買う
  • 体脂肪率1桁
  • 100km走
  • サバゲーをする

 

パッと思いついたのはこれぐらいですね…

いくつか欲しいものも書いてありますが笑

と言うか意外と少ない (´∀`;)《23個…

まあこれからの人生でやりたい事でなくて

大学卒業までなのでこれぐらいで十分ですかね?笑

それではいくつかピックアップして話そうと思います。

 

まずは「本を沢山読む」について。

以前どっかで話しましたが、僕は小さい頃から全然本を読んできませんでした。

おそらく今まで18年間で100冊読んだのかな?ぐらいです笑

結果、国語は大の苦手でした。また、語彙力もかなり低いです…

なので、本屋や大学の図書館で気になる本を色々読んでいこうと思います。

家から大学まで2時間近くかかるのでその時間を本にあてたいと思ってます。

語彙力だけでなく、想像力を鍛えられると思うので。

 

続いで「3DCG作成を出来るようにする」について。

大学の学科の内容とはあまり関係がありませんが、

現時点でゲーム会社に入るのも悪くないと思っているので

いろんな選択肢を作るためにもこっちの勉強もしたいと考えています。

使いたいソフトですがMayaというものです。

ただ、大きな問題があります…

ソフト1年間使用するのに24万円も費用がかかるということ…

これはやばいですね。

本気(マジ)でやるってなったら本気でやらないと お金がもったいなすぎます。

中途半端になるぐらいならやらない方が良いと思っています。

ですが出来るのであれば是非やりたいと思っています。

まぁこれは完全に某アニメの影響ではありますが笑

でもゲーム開発って楽しそうですよね。

 

 

 

続いては、ブログ関係についてです。

ブログ記事1000個と読者300人ですね。

ちなみに今は23日で記事40個、読者11人です。

記事1000個となると超ざっくり言うと、一日1記事ぐらいです。

今は時間も余裕があるので毎日更新できていますが

大学に入って同じように出来るかはわかりません。

ですが、いくら忙しくても毎日更新は続けようと思います。

忙しい時は記事が短くなってしまうと思います。

その時は「あ、今忙しい時期なんだな」って思ってください笑

電車の中でも更新することは可能なので

隙間時間を上手に使っていきたいと思っています。

 

最後は「TOEIC800点越え」について。

最後だからといって凄いことを言うわけではありません笑

大学生の平均点が大体500点前後らしいです。

ですが平均点越えとか甘いこと言わないで高みを目指したいと思います。

今の学力では到底無理な数字ではありますが、

是非達成したいですね。

 

 

 

こうやって達成したいことなどを記事に残すと

いろんな人に見られるので「やらないと!」って感じが出ますね。

ですがあまりガチガチしないでやっていこうと思います笑

 

ですがこの言葉を常に胸にしまって大学生活を送りたいと思っています。

 

やらずに後悔するぐらいなら、やって後悔しろ

 

大学4年間、短いと思うか長いと思うかは生活の仕方次第だと思います。

充実した生活を送るためにもいろんな事にチャレンジしたいと思っています。

 

 

最後までありがとうございました!