しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の雑記、日記

おすすめシャーペン 第二弾

こんにちは。

しょげまるです。

 

午前中にソシャゲについての記事を書いたのですが

なんか言いたいことが上手く書けてなかったので

削除しました。

 

ってことで今回はおすすめシャーペン第二弾です。

第一弾ですが、私の記事の中で2番目に良くみられる記事です。

それなりに見てくれた方がいたので

今回第二弾を作ろうと思いました。

 

こちらは第一弾です。 

shogemaru.hatenablog.com

 

では早速行きましょう。

 

 

グラフギア1000

f:id:f-w-shogemaru:20170325164244j:plain

ぺんてるさんの商品です。

ぺんてるさんはスマッシュといい、グラフ1000といい

素晴らしいシャーペンばっかを作っていますね。

 

こちらのシャーペンは製図用シャーペンです。

先が細く、手元がよく見えるようになっています。

こちらのシャーペンはペン先を収納することが可能です。

クリップを押すとペン先が引っ込みます。

 

製図用シャーペンは落としたりした時にペン先が折れる、

なんて事がよくあります。

その弱点をカバーしたのはかなり大きいのではないでしょうか。

 

ただ、ペンの重心が若干上の方にあるので

初めは少し書きにくいと感じるかもしれませんが

割とすぐ慣れます。

金属感が非常に強く、重量もあるので

男子に特におすすめです。

 

オレンズ

f:id:f-w-shogemaru:20170325164923j:plain

こちらもぺんてるさんからです。

オレンズ。

発売してから間もないですが

非常に人気のシャーペンですね。

上の画像のもの(少し見にくいですが)は一番ランクが下のもので

ペン先以外は基本プラスチックでできています。

 

このシャーペンの特徴ですが

芯を出さないで書く、というところです。

(厳密にいうと少し出ていますが)

これによって芯が折れにくくなっています。

 

芯の太さは0.2と0.3の2種類。

 

芯が細いので細かい字を書くことが可能となっています。

ノートを綺麗にまとめたい方や

0.5で少しずつ太くなるのが嫌い、でもクルトガは嫌だ

という人におすすめです。

 

ラバーグリップバージョン

メタルグリップバージョン

があります。

また、最近はオレンズ ネロというのが発売されましたね。

芯をノックする必要がないのは魅力的です。

ただ、価格が3000円と高いのと

月に3000本しか生産していないとのことなので

入手するのが難しいです。

そのうち購入してレビューしたいと思います。

現在Amazonで販売されている「オレンズネロ」は転売されているものなので

注意してください。

   

デルガード ハイグレードタイプ 

f:id:f-w-shogemaru:20170325171752j:plain

デルガードの上位モデルです。

デルガードとはオレンズと同じく、芯が折れないタイプのシャーペンです。

下位モデルには0.3と0.7がありますが

0.3はよく折れますし、0.7に関してはそもそも折れにくい太さなので

オレンズとして売る必要はなかったのでは?なんて思います。

 

ハイグレードタイプは0.5だけだったと思います。

 

本体は金属で作られていて

かっこいい仕上がりになっています。

 

重心は中心より下で丁度いい感じです。

 

文字を書く際に強く書いてしまう人、

金属感が好きな方におすすめです。

 

ただ、グリップも全て金属なので

冬場は本体が冷たくなってしまいます。

そこが欠点ですね。

 

大人の鉛筆

f:id:f-w-shogemaru:20170325172619j:plain

こちらのシャーペンですが

本体が鉛筆のようになっています。

小学校の頃を思い立たせてくれるシャーペンです。

 

芯径は2mmと太めです。

付属の芯削りで芯を削ります。

この削る時のしゃりしゃりが好きですね…

 

本体は木でできていて

触り心地がものすごく良いです。

 

文字を書く機会が少なくなっている人は

普通のシャーペンではなく、この「大人の鉛筆」を使って欲しいです。

書くのが楽しくなるシャーペンです。

 

また、マークシートを塗りつぶす時になんかも使えます。

本体は何も文字が書いていないので

試験などでも使えますね。

 

ラーフライト

f:id:f-w-shogemaru:20170325173618j:plain

もし500円以下のシャーペンしか持ってはいけないと言われたら

私は迷わずこちらを選びます。

ラーフライトです。定価300円です。安い…

 

流石に1000円を超えるものには性能は劣ります。

でも安いシャーペンにしかない"味"があります。

 

最近はこのシャーペンを使いますね。

 

本体が六角形なので

鉛筆のように持つことができます。

 

また繰り出すタイプの消しゴムがついているので

字を間違えても消しゴムを出すことなく消すことができます。

 

もし高いシャーペンは…という人は手にとってみてはいかがでしょうか。

芯径は0.3と0.5があります。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

自分に合いそうなシャーペンはありましたか?

第一弾を見てない方は是非見てください。

 

またシャーペンしか紹介していませんが

今度はボールペンや万年筆を紹介しようと思います。

 

最後までありがとうございました。