しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の日常

疲れにくい身体、怪我しにくい身体を手にいれる

こんにちは。

しょげまるです。

今日は私が使用している

ストレッチの本の紹介です。

 

 

一流選手もやっている!

私が使用しているストレッチの本は

中野ジェームズ修一

という方が書いた本です。

 

この方は

卓球の愛ちゃんや

今年三連覇を果たした

青山学院長距離のトレーナーとして活躍しています。

 

最初にこの本の評価を言いますと

控えめに言って”最高”です。

では軽く紹介していこうと思います。

 

具体的に何が凄いか

ストレッチ関係の本を

今まで何冊か購入しましたが

この2冊は卓越していました。

 

何が凄いかというと

これです。

同じ箇所のストレッチでも

沢山伸ばし方が載っている所です。

一般的なものであれば

一箇所で1種類。多くて2種類だと思います。

しかしこの本は

ハムストリングスだけでも6種類の伸ばし方を紹介しています。

これはすんばらすぅぃ。

 

また写真や説明が豊富なので

やり方がわからない、となる事はないと思います。

 

体が柔らかくなる原理が分かる

ストレッチの紹介に入る前に

どちらの本にも

体が柔らかくなる仕組み

が書かれています。

これを初めて読んだ時

衝撃を受けました。

 

良く筋肉はゴムに例えられますが

著者は”紐”に例えています。

おぉ?って思いましたが

説明を読んで直ぐに納得しました。

 

柔軟性が上がるのは

筋肉が柔らかくなったからではなく

筋肉が長くなったから上がる。

 

ホヘーってなりました。

高校の顧問に憤りを感じたぐらいです笑

 

この内容は書店で立ち読みでもいいので

読んでもらいたいです。

 

2ヶ月間このストレッチをして変わった所

実は水色の方の本は1月に購入しました。(緑の方は最近)

2ヶ月ほどストレッチをして

まず、ランナー膝がかなり改善されました。

去年の12月に私はランナー膝になり

痛すぎて、たったの3分でも走ることができなくなりました。

なかなか重症でしたね。

今では普通に40分間、ほとんど違和感無く

気持ちよく走れています。

もちろんストレッチ以外にもやれることはやっていましたが

この本の効果が殆どだと思います。

 

また、フォームが以前よりも綺麗になりました。

体がほぐされ、使えていなかった筋肉を使えるようになり

よりダイナミックに走れるようになりました。

フォームが綺麗になった事によって

筋肉が以前よりも正しく使えるようになったので

走行中、体の疲れを感じなくなりました。

これが本当に凄い…

ただ肺が体に追いついていないのが現状であります笑

 

どんな人にオススメか

仕事で座りっぱなしの人や

肩や首が良く凝る人、

腰が痛む人。

猫背が気になる人。

また運動をしている方全員にオススメできます。

 

どっちがオススメ?

2冊紹介しましたが

正直どちらでも問題ないと思います。

 

あえて言うならば

世界一伸びるストレッチ

の方をオススメします。

 

でもここに関しては好みの差かなと思います。

 

終わりに

本の説得力は実績が示しています。

オリンピック銀メダリスト

箱根駅伝三連覇、および大会総合記録。

 

ただ、継続することが大切です。

スローペースでもいいから続けなくては意味がありません。

この本の通りに行えば

一日10分だけ時間が取れれば十分です。

寝る前や、風呂上がり、仕事の合間。

10分も時間取れない!と言う方は流石にいないと思います。

 

 

やれば変わります。

 

参考になれば幸いです。