読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の雑記、日記

夜は短し歩けよ乙女 を観てきた。(ネタバレなし)

こんにちは。

しょげまるです。

 

一昨日から上映が始まった

夜は短し歩けよ乙女」を観てきました。

f:id:f-w-shogemaru:20170409191818j:plain

 

 

自分の友人が勧めてきたのと、絵がアジカンのCDの表紙を描いている人と

同じで気になっていたので。

 

原作やあらすじは観ないで、映画のPVだけ観て

どんな映画か何もわからない状態で観てきました。

 

感想はですね。

 

非常に面白かったです。

 

はい。

ですが、この映画は私が今まで観てきた「面白い映画」とは部類が違いました。

今までいろんな面白い映画を観てきました。

ギャグ系、感動系など。

面白さといってもいろんな面白さがあります。

 

この映画は最後に

「おっ、そう言う事だったのか!」

と思わせる類の物でした。

 

今までこの類の映画は観たことが無かったので

新鮮感と言いますか、何かそう言う物を感じました。

 

では実際何を感じたのかと言いますと

 

「結び、繋がり」です。

 

私はこれを感じました。

 

正直映画を観ている最中は

「この映画は何を伝えたいのかがわからない。ただ漠然と面白い映画なのか?」

と思っていました。

結果最後5分までは何を伝えたいのかがわからず。

最後のシーンを観て、黒髪の乙女と先輩の発した言葉を聞いて

「あ、そう言う事か」

となりました。

 

物語は黒髪の乙女を中心として進んでいくのですが

そこでいろんな人、出来事と出会います。

最後結末を観て

「どんな事でも繋がりという物がある。」

この映画はこれを伝えたかったのではないかと思いました。

おそらく黒髪の乙女に起こる出来事が一つでも欠けていたら

あの様な結末にはならなかったのではないのかと思いました。

 

 

また、絵が綺麗でした。

リアリティーのあるアニメ絵ではありません。

この描き方が、この映画の独特な雰囲気、世界観を生み出しているのだと思います。

 

総合的に良い映画でした。

 

ただ、万人受けの映画では無いと思いました。

私の様に感じない人も多くいると思います。

ですが、まだ観ていない人には是非観ていただきたいです。

もしかしたら何か感じることがあるかもしれません。

 

 

参考になれば幸いです。