しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の雑記、日記

感情を押し殺す

こんにちは。

しょげまるです。

 

課題とか奨学金の事とかあって記事という記事が書けてません...

今日少し時間に余裕ができたので記事っぽいものを書きました。短いですが笑

 

 

僕は素直に言いたい事が言えない人間です。

相手の気持ちを優先してしまいます。

一般的に考えるとこれは良い事かも知れませんが、僕はあまり良い事ではないと思います。

 

昨日、高校の頃同じクラスで大学も同じ学科の友人と話していた時に箱根駅伝の話題が出ました。

青学の話が出た時

「青学って調子のってるよな。3年連続優勝とか大したこと無いじゃん」

と言われ、カチンときました。

青学は最近凄い強いです。でも最近の話であり、少し前まではそこまで強いチームではありませんでした。(箱根駅伝で最下位の事もあったくらい)

そこから試行錯誤をして、苦労してやっと得た強さを、調子のってる、とか言われると流石に腹が立ちます。三連覇大したこと無いとか意味がわからない。

でもこの気持ちを僕は言えませんでした。

理由としては、これを口にしたらその友人との関係が崩れるのでは?と思ったからです。

その時は、内心キレながらも、こういう奴もいる、と自分に言い聞かせてこらえました。

 

言いたいことをはっきりと言える人は私はすごいと思います。

遠慮を知らない、という意味ではなくて

ここは言わないと!という場面で言いたいことを直ぐに言える人はなかなかいません。

 

私は今まで言いたいことがあっても言えなくて苦しんだことがあります。

それを心の中にしまいこんでしまい、勝手にイライラしてしまうという事があります。

この記事を読んでいる方の中にも少なからず同じ経験をした人はいるのではないでしょうか?

 

大学生活では勉学だけでなく、こういった人間関係もしっかり学びたいと考えています。

正直、勉強よりもこっちの方が大切なのかも知れませんね。

 

最後までありがとうございました!