しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の雑記、日記

語彙の強化 no.3「意気地」「さばさば」「虚勢」「骨相」「長嘆」

こんにちは。

しょげまるです。

 

no.3です!

早速行きましょう!

 

意気地(いきじ・いくじ)

意味:「自分自身や他人に対する面目から、自分の意志をあくまで通そうとする気

    構え。意地。」

例文:「意気地を立てる」

   意気地なしやな

 

さばさば

意味:①「気分がスッキリする様。爽やかになる様。」

   ②「物事にこだわらず、あっさりしている様。さばけている様。」

②の例文:「さばさばした性格」

 

虚勢(きょせい)

意味:「見せかけの威勢」

類語:空威張り

例文:虚勢をはる

 

骨相(こっそう)

意味:①「からだの骨組み。骨格」

   ②「骨格の外形に現れた相。頭部や顔の骨組みに現れた

     その人の性質、運勢。」

 ※手相の骨バージョン的な?

 

長嘆(ちょうたん)

意味:「長いため息をついて嘆く事。」

類語:長嘆息(ちょうたんそく)、長大息(ちょうたいそく)

 

※”嘆く”は「ひどく悲しむ。悲しんで泣く」という意味。恥辱な事にこの意味を知ったのは高校生の時でした。

 

「」で囲まれた部分は goo辞書 より引用

 

以上です。

うーん、やっぱり簡単な単語ばかりになってしまう…

おそらくno.7前後になったら少しレベルが上がる気がします。

 

最後までありがとうございました!