しょげぶろ

とある理系大学に通う男子大学生の日常

挑戦失敗 85kmは長かった。

こんにちは。

しょげまるです。

 

タイトル通り、挑戦失敗しました。

走った所の写真をのっけようと思っていたので、具体的な距離を載せるのを控えていたのですが、別に写真を貼らないことにしたので正確な距離を出しました。

正確な距離は85kmです。

 

60km地点で歩くことすら出来なくなり、断念しました。

40kmまでは走りメイン。残り20kmは歩きました。

 

今回色々学びました。

まず、途中でやめる悔しさですね。

 

左膝を40km地点で痛めて、その時にやめようと思ったのですが

時間かかるけど、歩けばなんとかなるだろうと思ってそこから痛みを無視して

歩き続けたんですけど、20km歩いた所で足が動かなくなりました。

動かなくなった所で残り距離を25kmだと知って、道端一人で泣いてしまいました笑

こんな状態で残り25kmも歩けない。もう無理だ。ここまで60kmも進んできたのに、ここで終わりなのか、と。

でもこれ以上無茶して歩けなくなっちゃうような体になるのも嫌だったので、60km地点で諦めました。

おそらくメソメソ泣いたのは中2以来ですね。(葬式)

6年ぶりですね。

今まで何かをやめようと考えたことは何度かありますが

ゴールもせずにやめる悔しさを今回痛感しました。

また、箱根駅伝等で途中棄権する人の気持ちがよくわかりました。

本当の悔しさを知れて良かったです。もちろんゴールはしたかったですが。

 

 

それとやめる勇気の大切さを知りました。

これは親から聞いたんですけどね。

今、走ってから一日経ったのですが、左膝が恐ろしく痛くて歩くことすら難しい感じです。

今は湿布してアイシングしてー、って感じですね。

でもまだ60kmでやめたのでこれぐらいの症状で済んだので、

残り25km歩いてたら本当に一生走れない体になってたかも知れませんね。

もしかしたら歩くことすらできなくなってたかも。(多分左膝の人体やりました)

なので途中でやめる事も時と場合によっては非常に大切な事なんだとわかりました。

 

 

体はボロボロですが、楽しかったですね。もうやりたくありませんが笑

朝の4時に出発して、最初の2時間ぐらいは楽しかったんですよね。

おお!もう8分の1終わった!意外にいけんじゃね?と思っていました。

そこからは孤独感が強くなってきて辛くなってきましたね笑

なんでこんな事やってるんだろ。家でダラダラしてる方が楽しいやん。

とも思っていましたね。

足が痛くなってきた時に残り距離50kmと知った35km地点は、本当にやめようかと思いました。

でもそこでやめないで25km歩いたのは頑張ったんじゃ無いかな、と思いましたね。

 

いやー、でもウルトラマラソン走る人とか、24時間マラソンやる人って本当にすごいですね。

100kmってやばいですよ笑

でも今回の僕の挑戦との違いは一人か周りに人がいるかですかね。

やっぱり周りに「がんばろう!」って言ってくれる人がいるだけで違うんじゃないかなと思いました。

 

今回の敗因は準備不足ですかね笑

気合いでなんとかなると思っていた自分が馬鹿でした。

それとシューズ選びも慎重にした方がいいですね。

今回使ったシューズは厚底ではなかったので、少し負担が大きかったのかなと思います。

長い距離走る用の靴買った方がいいかもなぁ。

 

少し長くなってしまったのでこれくらいにしておきます。

 

自分の限界を知れて良かったです。

 

最後までありがとうございました!